イカツリ部

イカ釣り・船釣り・バス釣り・筋トレ・雑記のブログです。

鼻中隔湾曲症の手術と下鼻甲介切除術をしました② 手術予約

スポンサーリンク

紹介状を持って手術予約へ。

f:id:benten2016:20200227184305j:image

 

 

手術予約へ行くというのに、前日よりなんだかノドがイガイガ、寒気がする感じ....。

 

 熱でも出たら違う目的で病院へ行くことになってしまうので、会社の帰り道にアマのドラッグで1,100円のユンケルとマスクを購入。ユンケルは店頭で一気飲み。

 

夕飯は妻の特製天ぷらそばを七味を効かせてぽかぽかしながら味わう。そして暖かくして寝ました。

 

 

7時に目覚ましをセット。いつものように口呼吸していたので喉が特に痛い。鼻水も透明ではないので風邪ひいたか...でも寝込むほどでもないので、リンゴとヨーグルトを食べて家を出ました。

 

なんとか受付前8時20分に駐車場に到着。せっかく前日にアマのドラッグでマスクを買ったのに忘れてしまいました......。

 

 

ここは400床以上の大病院ということで、超混雑を予想していたが、見た感じそうでもない感じでした。

 

8時25分初診申込書記入し、30分ちょうど受付開始。55分頃受付に呼ばれて、耳鼻科へ案内される。

耳鼻科で受付を済ます。ここまではなかなかスムーズ。

 

9時40分に診察室へ。

まずは問診。アレルギーや持病が無いか聞かれる。鼻の中を見られ、左鼻側が特に狭いと言われる。

 

最近特に鼻の中が腫れぼったく感じ、呼吸がとても辛い感じるようになってきたと伝えた。

 

私の手術はかなり難航しそうだという事が告げられる。怖っ....。

 

紹介元の先生から言われていたことだけどやはり不安。

 

大丈夫でしょうか....でも医師たちは至って普通でした。

 

一通り問診が済むと、鼻のCTを撮ってくるように言われCT室へ。 

 

9時50分CT室の前で順番待ち。5分後にCT室内へに呼ばれる。

 

とても感じの良い撮影技師さん。わたしもこうでありたい、そうでいようと思った瞬間だった。

 

 

息を止めて......!   唾を飲み込まないでください!

と、アナウンスが流れる。

そう流れると、息を止め直したい....唾を飲み込みたい....ってなる。押すな!ボタンみたいな感じ。

 

 

撮影後、また耳鼻科へ。1時間後(長い待ち時間)、11時頃ようやく診察室へ呼ばれ、正式な手術日、手術方針の説明を受けた。

 

CT画像です。がっつり曲がってます。

f:id:benten2016:20200227184740j:image

片側は入口付近、片側は奥で塞がっており、まともに息ができていない構造....すげえなこれ....

 

そして私の手術方針が決まりました。

•手術は全身麻酔

•入院期間は約6日間

•傷口は血液製剤の糊か溶けるガーゼを使用

(ガーゼ抜きは無し)

 

そして1ヶ月後、手術前検査のため、再来院が必要との説明を受けてこの日の診察は終了。

 

11時20分、会計受付を済ます。約15,000円.....歯医者にも通っているので医療費かかる.....

 

次回の術前検査のために、正しい食生活を心がけよう。


スポンサーリンク