イカツリ部

イカ釣り・船釣り・バス釣り・筋トレ・雑記のブログです。

インフルエンザA型に罹患してしまいました

スポンサーリンク

まさか私が.....!

人生初(多分)インフルエンザに罹患してしまいました。

f:id:benten2016:20200124160712j:plain

 

私はこれまでインフルエンザに罹ったことも無いので(多分)、予防接種もしなくても大丈夫だろうと思っていました。予防接種自体、義務教育期間に学校で受けていた以降一切受けておりませんでした。

 

(多分)というのは、よーく思い出すと、小学校4先生くらいの時に高熱を出したことがあり、母親に地元の内科医へ連れて行ってもらったことがありました。あの時の記憶は今でも鮮明に残っております。

 

我が家はよっぽどのことがない限り病院へ連れて行ってくれない家でした。(苦笑)少しくらいの風邪ならあったかくして寝れば治る!少しくらいの傷、怪我ならツバつけておけば治る!といったノリでした。

 

その時ばっかりは「あ、病院連れて行ってくれるんだ...」と思いました。

そして病院で、なかなか回ってこない診察の順番に「おかあさん....まだ.......」と熱くなった顔で、女性自身に夢中な母親へ問いかけておりました。この時かなりの高熱だったと記憶してますので、もしかしたらインフルエンザだったかもしれません。

 

 

そして今回.....【発症日】

夜中2時頃、急に寒気がして起きました。そして何度も何度も鼻をかみ、何か変だと思いつつも、仕事があるから寝ないと....と寝ることに努めましたが、そうするも、また寒くて1時間毎に起きては鼻をかみまくるを繰り返しました。

 

そして起床時間5時には普通に目覚め、この時はまだ大丈夫かな!?と、いつものように出勤支度をし、会社に向かいました。

 

出社後まもなく「やっぱりなんだか寒い....そして頭が痛い」。10時頃の時点で、午後から休暇をもらうことにしました。ですがそれからお昼まで時間が過ぎるのが遅い遅い.....その間トイレにも何度も行きました。

 

そしてやっと退社するわけですが、1時間の通勤路、これがかなりきつい。寒気、頭痛、関節痛....少し歩くのに一苦労....家までとても遠く感じました。

 

帰りのバスの中、マスク姿で辛そうにしていた私の顔を、何度もチラチラ見てきたおばちゃんがいたのですが、何か異変に気付いていたかもしれません。

 

そしてようやく帰宅。服を脱ぎ捨て凄いスピードでスウェットに着替え、テーブルに置いてあった市販の風邪薬と、名古屋駅で買った1500円のユンケルを飲んですぐに寝ました。

f:id:benten2016:20200124181541j:plain

 

この時インフルエンザに罹患しているなんて全く思ってはいませんでしたので、一晩で治まるだろうと結構余裕でおりました。

 

そしてその夜中......寒くて布団の中で丸まっていると、今度は汗をかいて暑い......布団を少しでもめくるとその部分がとても寒い.....たかが布団一枚の差がめちゃくちゃ温度差を感じる。トイレ行くにも普段の何倍も寒い!寒いにもかかわらずめちゃくちゃ汗をかく....!

 

このとてもめんどくさい状況が一晩中続きました。この時ようやく「もしかしたらインフルエンザではないか」と思いました。

 

翌朝、出社時に症状は改善されず、会社に休む旨連絡し、近所の内科へ行きました。この時、この状態に慣れてしまったせいか、熱は無いと思っていました。そして病院で検温すると38.1度。

すぐさま奥の部屋へ隔離されました。こんなに体温上がっていたんだ....

 

今38.1度だったという事は昨夜は一体何度だったのだろう.....(測っていなかった)。そして、インフルエンザの検査しますね、と鼻へ綿棒を突っ込まれ鼻水を採取。

 

数分度、

「インフルエンザA型の陽性反応が出てますね。」

 

ついに私も罹ってしまったか....受験生がいる家なのに....どうしようもできなかったけどやっちまった....と思いました。何かできたすれば、せめて今年くらい予防接種をしておくべきだった。

 

そして先生の診察で、インフルエンザ治療の説明を受けている際、大量の汗とめまいにより普通に座っていることもままならなくなり、先生に「ベッドに寝てください!」と言われ、診察室のベッドに倒れこむように横たわりました。そして今回は点滴で治療しましょうという事になり、ラピアクタという点滴治療を受けました。

 

f:id:benten2016:20200124191435j:plain

20分ほどで点滴が終了し、そして気分も良くなり、帰る頃には倒れこんだ事が嘘であったかのように普通にスタスタと帰ることができました。

この病院の先生はじめ、看護士の皆さんの優しさに触れ、涙しそうになりました。本当に辛い時に優しい対応してくださると本当に嬉しい。家の近所に良い先生が居てくれて本当に良かった。

 

そして家に帰って、解熱剤を飲んで寝ました。まだ布団の中で暑い寒いを繰り返すめんどくさい症状は少し残りましたが、夕方には37度に熱は下がっておりました。

 

熱は下がったものの、夜中に2枚もシャツを替えるほどの大量の汗をかき、次の日の朝を迎えました。でも起きたら熱は完全に下がり、すっかり良くなった感じでした。ですが今回点滴は2回受けなければなりませんでしたので、再び病院へ行き、同じラピアクタの点滴治療を受けました。今回治療としてはこれで終わりとなりました。

 

やはりインフルエンザは怖いと思いました。あんな思いは二度としたくないです。

 

 

【私のインフルエンザA型の症状まとめ】

•極度の寒気(始まりから終わりまでずっと)

•鼻水

•39度近い熱(発症日の熱が測れていないですが)

•肩、膝、足首の関節痛

•大量の発汗

•頭痛

※吐き気、下痢、咳はありませんでした。

 

 

 

最後に、今回罹患して思ったこと、それは、

家族からとても嫌われる病気であったこと!!!


スポンサーリンク